大高和寿が原宿でおススメするスポット~KIDDY LAND(キディランド)編~

大高和寿が原宿でおススメするスポット。〜KIDDY LAND(キディランド)編〜

ということでですね、あっ、キティランドではありませんよ!サンリオは関係ありません。念のため。(サンリオのグッズもありますよ!)

大高和寿がKIDDY LAND(キディランド)を訪れたのは2年前のこと。
現在付き合っている彼女が、お気に入りのキャラクターのグッズを買いに行きたいからついてきて!と言ったことから始まりました。これまでキャラクターものとか集めた経験もなく、可愛いとかいう気持ちをポケモンくらいにしか持ったことがなかったので、しぶしぶ連れられるまま…にという感じでした。店内には日本人よりも海外からの観光客が多いように思いました。日本のキャラクターは海外でも人気だと聞きますし。ニコニコしている観光客の姿を見ると嬉しく思いました。

彼女も目当てのキャラクターの前に行くと「キャーキャー可愛い!可愛い!」と興奮している姿を見てこっちまで癒されましたね〜。キャラクターって不思議ですよね、こんなにも多くの人に愛されていて。こういってはなんですが、実在しないものなのに…。二次元の美少女・美少年のアニメキャラが人気な理由は疑似恋愛と言いますか、ときめきをくれるとかだと思っているのでまだわかります。しかし、2等身、3等身くらいのキャラクターやマスコットって何故人気なんでしょうか?彼女に聞いてみたところ、とにかく癒される、可愛いなど言っていて根本的な理由はわかりませんでしたが、とにかく好きなものは好き!といったところでしょうか(笑)

そういえば大昔にこういう話を聞いたことがあります。
“キティちゃんがこうも人気な理由”
みなさん、何故だか考えたことはありますか?日常に馴染み過ぎてキティちゃんの存在に疑問を抱いたことはないですよね、大高和寿もその一人です。

キティちゃんには口がありません。(コラボ企画や、アニメでは別)口がないと表情が読み取れませんよね?
・自分が楽しいときキティちゃんを見ると“一緒に笑ってくれているような気分になる”
・自分が悲しいときキティちゃんを見ると“一緒に悲しんでくれているような気分になる”
・自分が怒っているときキティちゃんを見ると“一緒に怒ってくれているような気分になる”

つまり、気持ちを共有してくれていると感じることで愛着が沸くというわけです。ずっと一緒にいたい、と思ってしまうので世の中にキティラーはもちろん、キティちゃんが国民的に人気な理由です。

KIDDY LAND(キディランド)の話に戻りますが、なんと1946年に埼玉県秩父市に創業した「読書クラブ橋立書店」が発祥なのだそうです。そんな読書クラブも2016年時点で日本国内に直営60店舗、フランチャイズ16店舗を出店しているのです。一度店に入ると好きな人にはたまらない空間が広がっています。キャラクター好きの彼女曰く、「何時間でも居られる・一日中いても退屈しない。」と言っていました。大高和寿にとっての電気屋さんみたいなものでしょうね(笑)

1日中付き合うのは難しいですが、たまには良いですね。ファンタジーな空間、大袈裟に言うならばちょっとした原宿のディズニーランドのようなものでしょうか。4階建てなので、階段あがるのが大変でした。エレベーターあったのかな?ちょうど行ったときにおばあちゃんがお孫さんに連れられていましたがキツそうでしたね。

近々また一緒に行こうよ、と誘われているので大高和寿も次は何か買ってみようかな。家にひとつキャラクターものがあると癒しになりそうな気がします。あ、男性向けのロボットものとかの商品もたくさんありましたので女性だけでなく男性にもおすすめですよ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 阿含宗は阿含経を依経とする仏教の一宗派で、多くの信者に対して根本仏教を唱えている宗教です。仏陀直説と…
  2. 地域活性化のために、イベントなども行っている村上悦栄は、近年、活躍の場も広がりを見せている人物です。…
  3. 大学に入学時には決してマッチョではなく、どちらかというと細身の体型をしていた神澤光朗ですが、今はジム…
ページ上部へ戻る