関東別院の歴史

阿含宗は阿含経を依経とする仏教の一宗派で、多くの信者に対して根本仏教を唱えている宗教です。仏陀直説といえる経典は阿含経だけなのでこの教えを関東に住んでいる多くの人に広めたいという思いで阿含宗の関東別院が運営されています。阿含宗は比較的新しい宗派で1978年4月8日に宗派が立てられましたが、そのときから関東別院があり関東の各道場を管轄する立場があるとても幅広い役割を持っている施設となっています。

新宗教と言われている阿含宗の素晴らしさを多くの人に知ってもらいたいという思いがあるからこそ、関東別院では現在でも様々な行事やイベントが大々的に行われています。一般的な阿含宗の行事以外にもこの施設では積極的に社会や文化に貢献する活動も行われていることが多いので、多くの人がこの施設で様々な行事に参加しています。

阿含宗 関東別院
http://kantobetsuin.net/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大淵裕昭は実家で暮らしているので、今でも母親の料理を毎日食べています。小さい頃から母親が作ってくれた…
  2. ■日本中で大人気!サマンサタバササマンサタバサでは、バッグやジュエリー、ゴルフグッズなどを扱う13の…
  3. 錦糸町 美容室ape's Queenは錦糸町にある大人気の美容室です。お店の雰囲気もよく、忙しい錦糸…
ページ上部へ戻る